スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌ってみた講座もどきwwwwww

こいつは胡散くせぇーーッ!
ゲロ以下のニオイがプンプンするぜッ!!



USB整理したらこんなワード文章出てきたwwwww
俺何やってんだろwww誰も見ねぇのにこんなもん作ってたとか今思うとマジ死にたいwきめぇww    きめぇ・・ 


以下がその内容である。


【誰得】歌てみた身につけた知識(ド素人がァ・・!!)【無知乙】
<必要な機材>
・最低1800円以上のマイク(通話用は除く) ・オーディオインターフェイス(今回はUSBと仮定) 
<必要なソフト(free)>
・Audacity(要、追加プラグイン) ・Sound engine free ・music studio producer


① まずAudacityを起動し、そこに歌いたい曲のオケを取り込ませます。そして試しに録音し、マイクの音がちゃんと入っているか確認しましょう。マイクとの距離は10~15cm程度がいいかと。ダイナミックマイクの場合、手に持って録音するとケーブルの音が入ってしまうので、スタンドのようなものが必要ですね。
このとき、録音したときにオケが録音されてしまう場合や、音が入らない場合は、
コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→オーディオデバイスの管理からマイクの設定を
「USBマイク」にして適用しましょう。ちなみに音量調節もここでできます。

② では早速歌ってみましょう。―事後→早速歌い終わったものを再生してみましょう。どうでしょう?
はじめて自分の歌を録音した時はなんともいえない恥ずかしさがこみあげてくると思います。
それを我慢し波形(青い波状の表示)を見てみてください。ここで注意してほしい点が。
まず、上下いっぱいいっぱいになっているところは音が割れます
部分的にそうなっている場合は少し距離を置くなど工夫してみてください。(ぶっちゃけマイクとの距離が変わるからお勧めしないが。)
音割れっている場合は①にもどり、マイクの音量を下げる必要があります。
あと、おそらく自分の声とオケとで音がずれていると思いますが、それは後の編集でどうにかなります。
自分が納得いくまで歌ってみましょう。フレーズ毎に分けて録音するのもアリですが、個人的には全体通して歌ったほうがお勧めです。(歌ってる時の雰囲気とかがバラけて違和感が働く)



 ・・ここで文は途切れている

③からは前回の記事、「MIXについて聞かれたので、初心者のための無料なやり方を(ry」を見ていただければ話はつながると思います。確認してませんがwww

こんな情報でも需要があると嬉しいですねぇ!

逆に、指摘していただけると嬉しいです。
作るからにはやっぱりイイものを作りたいですからね!

Q.ならもっと上手い人にMIX頼めばいいんzy
A.自分で作った時の達成感と満足感がいいんです(くわっ
  ・・・あ、でもやっぱ上手い人に頼んだ方がいい感じに仕上がってて結局のところそっちのほうが満足しちゃ(ry
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ツイッター
↓アカウント作り直しました
検索フォーム
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
バナー
宣伝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。